TOP.jpg

〈募集職種〉
①看護師 ②介護福祉士
③介護支援専門員
④言語聴覚士 ⑤理学療法士

ポイント.jpg

1年勤務後、
平均手取り額
30万円以上。

会社の会計も全オープンに。
給与金額は、周辺エリア内でも
手厚い内容にしております。

詳しくはこちら

勤務シフトも柔軟に、
フレックス制や
チャット会議も導入。

全員がその場にいなくても、
オンラインで繋がれる時代。
便利な機能を最大限に活かした
仕組みを活用しています。

詳しくはこちら

社員ファーストで
整備された、
独自の福利厚生。

良質な仕事のために、
社員のバックグラウンドにも
最大限の安心感を。
そんな思いで整備しています。

詳しくはこちら

頑張った社員には
家族旅行を
プレゼント!

頑張った社員には
家族も一緒にねぎらう
ささやかなプレゼントを
ご用意してます。

詳しくはこちら

子育て中も、子育て後も
ママ達が輝ける
職場改善を。

子供が手がかかる時期は
あっという間。
その後のママ達の
「セカンドキャリア」も見据えた
ライフプランも応援♫

詳しくはこちら

県外研修費用は会社負担。
(プチ旅行…?)
更に学会発表
ボーナスもあり。

「人材は人財(たから)」の信念の元、
県外研修費用は全額会社負担。
個人の能力向上を
全面的にバックアップ!

詳しくはこちら

募集.jpg


看護師


那須事業所 上三川事業所


介護福祉士


那須事業所


介護支援専門員


那須事業所


言語聴覚士


那須事業所 上三川事業所


理学療法士


那須事業所 上三川事業所

INTERVIEW.jpg
hosaka.jpg

訪問医療分野においては、

経験が非常に尊い

要素になっていきます。


理学療法士/保坂さん(勤務1年6ヶ月)

症状としても退院後からの生活が最も大切で、ご本人もご家族も、そこからが長期戦になっていきます。ただ私たち理学療法士の立場では、実際のご自宅や生活圏の様子などを知る術はありません。なんとも言い難い未消化なものを感じ始めた頃、訪問在宅リハビリに興味を持ち始めたことがきっかけです。


tomita.jpg

医療サービスはきめ細かく。

スタッフのシフトは効率良く。


作業療法士/冨田さん(勤務4年目)

代表の社長も元々、介護を経験されていますので、いつでも現場の肌感覚に近いところで相談に乗ってもらっています。「答え」をただ、「くれる」のではなく、「導いてくれる」と言ったほうが正しいかもしれません。リハビリ分野においても先輩ですね。だからいつでも、安心して相談ができます。他のスタッフにも、経験豊かな先輩が多くいて安心です。


kakinuma.jpg

病院勤務の際に、口腔ケアの

スペシャリストの先生に出会ったのが、

医療分野を志したきっかけでした。


歯科衛生士・ヘルパー/柿沼さん(勤務3年目)

職場の環境で言うと、自由度が高く、柔軟で融通が効きやすい雰囲気だと思います。子育てママにも優しい、目に見える具体的な取り組みも沢山ありますし、お休みの申請なんかも、ほぼ希望通りに取らせてもらえる環境ですね。

上部.jpg

理想は
「命のハンデ」がない地域社会。


私の生まれ故郷は、九州地方のとある離島です。
特に子供の頃、医療に対しての
「選択肢の少なさ」を
目のあたりにすることが多く、
親族や近所の人が病に倒れた時、
「離島医療の不平等さ」に関しては、
強烈な印象がありました。

「生まれた場所によって、
ここまでハンデがあるのか…」

「命のハンデ」とも言える現実に直面したのが、
大きなきっかけとなりました。

縁あって2010年頃、関東近隣の福島県か、
栃木県かで起業を考えていた時、
自分の生まれ故郷と
雰囲気が似ていたのが決め手となり、
栃木で「合同会社ワンオアエイト」を
立ち上げました。
しかしその直後、東日本大震災が発生、
福島で仕事でお世話になっていた方達と
一切連絡が通じなくなる…
という経験もしました。

ここ栃木県でさえも、
中心街から離れたエリアでは、
「遠いから行かない」という
医療従事者側の判断で、
医療サービスが手薄になっている
箇所が沢山あります。
地続きの県内でさえも「命のハンデ」は
わたしたちの日常に起こる、現実なのです。

「今日の正解は、明日の不正解」
医療従事者だからこそ、
必要な感覚。


とはいえ、地方というのはなかなか、
最先端のもの、
新しい要素を取り入れるのに時間もかかるし、
心理的な抵抗が邪魔する場合もあると思います。

特に私は、海で阻まれた離島で育った
感覚が強烈にあり、
地続きの地域であるならば、
便利な新しいネットワークや情報を
どんどん取り入れた方がいい、
という考えを持っています。
そのチャンスを逃してしまうと、
医療サービスを受ける側が
損をしてしまう状況が、
現代においては発生します。

特に医療の世界では
「今日の正解が、明日の不正解」
という状況が起こります。
そして今は経営者として、
この変化スピードの早い時代の中で、
「前例がないからやらない」とか、
「進歩のない背中は見せられない」、
と思っています。


社名である「ワンオアエイト」の意味は、
その名の通り「一か八か」です。
僕なりに大小たくさんの挑戦をし、
人生の選択をしてきました。
都市や地方の医療格差がなくなる社会を
一緒になって取り組んでくださる
柔軟であたらしい発想力の方と
「平等な地域医療」を創っていけたら…
と強く願っています。

下部.jpg

↓ ご応募・お問い合わせは

こちらからお気軽に ↓

都道府県
市区町村〜番地
建物名

Copyright © 2019 VISUAL All Rights Reserved.